Mr.N(ミスターエヌ)本名は臼山直樹(うすやまなおき)氏

Mr.N(ミスターエヌ)さんの本名が公開されました。
臼山直樹(うすやまなおき)という名前が本名とのことです。

メルマガアフィリエイト教材「アフィリエイトフォーミュラ」の完成と
インフォトップでの販売が待たれる中、異例の時期に本名公開になりました。

臼山直樹
Mr.Nさんのメインサイトでも普通に本名が公開されています。

ビジネスでは本名を公開して実践していくことが世の中では当たり前ですが、
インターネットビジネスではハンドルネームの利用が流行しており、
Mr.Nさんも同様にハンドルネームを利用されていました。

ご自身のネットビジネス実績とMBA(エムビーエー)等のネットビジネス企画での
実績者が多数輩出されていくことにより、
ご自身も本名を公開して活動していくことにされたようです。

本名公開のメリットとデメリット

ネットビジネスでハンドルネームの利用が流行しているのは、
「匿名性」を保ちながら活動をできるというメリットがあるからです。
(よくわからずにとりあえずハンドルネームを付ける場合も多々あります)

しかしながら、
インターネットビジネスも「ビジネス」を実践しているシビアなものなので、
しっかりと運営責任者を明記していく必要もありますし、
プライバシーポリシー等の表示も必要になっていきます。

メルマガを配信していく場合も同様に配信者情報を
しっかりと本名で公開していく義務が生じます。

参照:メルマガアフィリエイトで稼ぐ初心者入門まとめ

メルマガアフィリエイト実践の際にもしっかりと電子商取引法により、
とくて特定電子メール送信法を順守する為配信者情報を記載していきます。

法人化して屋号などをもっていれば、
法人名などで表示させることも可能なのですが、
やはり本名で実在する名前をだしていくことがわかりやすいです。

Mr.Nさんも本名の臼山直樹という名前を公表することで、
よりわかりやすく状況を伝えていくとともに、
今後のビジネス実践拡大に向けての準備に入られたということでしょう。

本名公開のデメリット

本名を公開することはメリットばかりでなく、デメリットもあります。
世の中がソーシャル化していることもあるので、
かつてほど実名表示に抵抗感はなくなってきている現実もありますが、
逆にポジティブな噂以上にネガティブ要素が
短期間で広まりやすいのがインターネットカルチャーです。

そういったネガティブ要素も理解した上で本名で勝負していくことが、
インターネットビジネスの実績者には求められていきます。

起業すれば法人登記でどのみち本名公開が必要になります。

デメリットばかりを恐れるのではなく、
しっかりとビジネスを拡大していくために
メインストリームに躍り出ていくのが今後の更なるビジネス手法です。

Mr.Nこと臼山直樹氏の今後に注目していきましょう。
まずはアフィリエイトフォーミュラ発売を待ちます。

記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ